返回列表 回復 發帖

bottegavenet2013hot.asia-ボッテガ コインケース15422417

 ここは魔前熊が大繁殖している陥没の深緑。 樹楊は総大将を襲撃する前に、念の為にとキラキの街で鹿や猪の血肉を調達していたのだ。当初にはこんな計画はなかったが、ラクーンのぼやきを聞いて閃いた策だ。どんな事をしても、何を使ってでも勝つ。例え、自然の獣を使ってでも。ブルガリ 時計
 スイが逃げ道を探そうにも、樹楊を警戒して動けずにいると不運にも救命弾を見て駆け付けたクルード兵が辺りから姿を現してきた。ボッテガ バッグ
 血生臭い匂いにスイが鼻を摘まむと、そこへクルード兵が近付いてくる足音が響いてきた。鉄の鎧だから距離も解り易い。予定通り、東西南北から近寄ってきている。――お前等はもう、罠という底無しの沼に胸まで沈んでいる。這い上がれやしないんだ。だから中途半端には殺しやしない。心と身体、全てを壊してやる。ボッテガヴェネタ 財布
「敵かっ! 姿を見せろっ」「よォ、スイ。もう一度行ってやる。俺は釣りが好きなんだ。特に撒き餌をして釣る、な。でも今回の大物ばかりは釣り上げれねぇからお前らにプレゼントだ」 救命弾が撒き餌で、クルード兵が小魚。その餌に寄ってくるのは勿論、大物の魔前熊。それに気付いたスイは破れかぶれに上へと跳ぶ。樹楊が身を潜めている場所とは全然違う場所だが、同じ目線に立ちたかったのだろう。しかし、スイを待ち受けていたのは樹楊が伸縮鋼線で張った蜘蛛の巣のような網だった。その蜘蛛の巣はスイの衝撃により、トラップを発動させてスローイングナイフが雨のように降る。下に居たクルード兵の何人かその犠牲になり、地に降りたスイは再度跳ぼうとは思えなくなったようだった。http://www.bottegavenet2013hot.asia スイは自分の言葉に答えを見つけたようだった。自分の腕にまとわり付いている血生臭い匂いを嗅ぎ直すと、顔を青ざめさせる。ボッテガ コインケース「当たりだ、スイ。そいつは鹿と猪の血をブレンドしたやつだ。その匂いは強烈で、なかなか取れない。そんでな、そいつの匂いをする奴を獲物と判断するんだよ、魔前熊はよォ」ボッテガヴェネタ 店舗
「この陥没の深緑にはな、とある獣が大繁殖して困ってんだよ。しかも飢えてるときた」「はぁ? お前、何が言い――」ブルガリ 財布
 その時、遠くから雄叫びが響いてきた。雄々しくて獰猛な雄叫び。それは幾重にも重なり、東西南北から木霊してくる。ブルガリ 財布
「く、来るな! 逃げろっ」「え、ですが。確かこの辺りから救命弾が」「それが罠なんだっ。早く逃げろ!」 スイの懸命な訴えにも、クルード兵は要領が得ないとばかりに首を傾げて緩やかに撤退をしようとし始めるが樹楊は逃さない。ありったけの血の袋を投げつけてやり、注意を買うと高笑いして怒りを煽り始めた。スイの命令を素直に聞いておけばいいものを、この状況を一欠片も理解していないクルード兵は抜剣して闇に抱かれる森を見上げた。ブルガリ 指輪
「あの雄叫びは魔前熊つってな、鹿や猪を好んで食う獣だ」「知ってんよ。それがどうしたってんだ。あいつは人間を恐れて、傍に鹿の死体がない限り――」ボッテガヴェネタ 財布
Related articles:

  
   http://wuhan.qianxunjp.com/plus/view.php?aid=183039
  
   http://kuwaitacademy.com/content/104267
  
   http://www.ygtianrun.com/E_ReadNews.asp?NewsID=311
返回列表