返回列表 回復 發帖

zippocool.asia-ジッポーライター専門店17265135

「何をなさっているのです!? 敵はすぐそこまで来ておりますぞ!?」 よほど呑気に見えたのか、秀長が俺に対して諫言してくる。マークジェイコブス
「……なんだ…? アレは槍か?」「いや、旗じゃねえのか? ほれ、旗印がついとる」「それにしてもバカデケェ旗だな」ジッポZIPPO販売専門店
 なかなかに戦況は逼迫しているといえる。 そんな中、俺はせっせとある物を作っていた。「これをこうして…と」ジッポー 手入れ
 と、そんなことしてる間にも、戦闘が始まりそうだ。「じゃ、ちょっと行ってくるわ」「は? …ちょ、お待ちを…!!」ジッポーライター専門店
 いやぁ、秀長はまじめに働いてくれるし、人格者だからなぁ。 秀吉が平手家を去っても残ってくれないかなぁ…無理だろうなぁ…。ジッポー 手入れ
「よしできた!!」 俺は出来上がったそれを持ち上げ、構えてみせる。 特注で作らせた俺だけの秘密兵器だ。marc jacobs iphone
「なになに…旗印は……『武』…か? 聞いたことないのう」 両軍が混乱している中、俺は手に持つ『ソレ』の石突で思い切り地面を撃つ。―――ゴォンッ!!! その瞬間地面が揺れるような錯覚と、炸裂音が響き渡った。 周囲が静まり返ったのを確認した俺は、一つ深呼吸をしてから口を開いた。「我が名は平手久秀! 手に持つは我が旗印にして『武』を冠する愛槍『武一文字』! このまま我らと交戦するなら、この『武』はその名のごとくお前達をなぎ倒し、我らが身に向かう戈を止めるだろう! だが交戦しないのであれば、この『武』はその名のごとくお前達への戈を止めるだろう!」 口上が終わると、そのまま掲げた武一文字の穂先を地面へと叩きつけた。―――ドオォンッ!!! 兵こそ巻き込んでいないがそこら辺にあった岩や木が吹き飛んでいる。 地面には何かが爆発したような陥没後があり、その威力を物語っていた。 さすがに特注で作ってもらったネジでつなぐ組み立て式の大槍だ。 とにかく頑丈にしてもらっただけあって、多少重い(俺以外は持つことで精一杯らしい)が使い勝手は上々だね。http://www.zippocool.asia「な…? ひ、平手殿それは…?」「上洛前に鍛冶師に頼んでおいてね。ネジっていう最新技術を使った組み立て式の…あ、知ってる? ネジって種子島にも使われている重要な――」ジッポーライター専門店「は、はぁ…。私にはネジなるものは…」「だろうね」 ちょっとした未来知識だし。 頼んだ鍛冶師にもお前は天才だー! とか持ち上げられたし。  marc by marc
 秀長の制止の声を背に受けながらも、俺は兵の前に一歩出て、その秘密兵器を空に掲げた。 その姿に敵兵から動揺の声が上がる。マークジェイコブス時計
関連している文章:
Related articles:

  
   http://www.faceparti.net/forum.php?mod=viewthread&tid=2308839
  
   http://www.cnscmc.com/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=1464746
  
   http://www.yggsl.com/yggsl_system/review.asp?NewsID=2964
返回列表